翻訳会社などを活用してグローバルに展開|言語の壁壊し隊

英会話

翻訳はプロに依頼

翻訳の歴史と役割について

英会話

日本国内の翻訳についての歴史を見ていくと江戸時代以前にも存在していましたが、江戸時代は鎖国という政治情勢もあり医学研究者、学問を扱う研究者や長崎の出島において海外との交渉役を行う人間などのごく限られた職種の人だけで行われていました。 開国を迎えると明治維新が始まります。このころの翻訳業は需要が非常に高く、大翻訳時代ともいえるほどに様々な分野で様々な国で使われている言葉が全て日本語に分かりやすく訳されていくようになりました。 現在でも翻訳は国同士の交流を行うための架け橋として重大な役割を担っています。また、単に訳する人だけではなく翻訳専用のアプリケーションも開発されてきておりこれによって日本人でも手軽に外国に行きやすくなってきています。

依頼するときの料金の目安について

言語を日本語に訳してもらったり日本語を外国の言葉に訳してもらうにあたっては翻訳家と呼ばれる専門の職種に就いている人々に依頼するのが一般的です。日本が島国ということもあることも影響してか気軽に外国人が訪れるようにはなってきているとはいえ外国の言葉に馴染みがあまりなく、まだまだこうした職種に就いている人々の需要は大きいです。 翻訳してもらうときの料金としては、例としては英文を和訳するときの翻訳専門会社の料金は1ワードあたり28円から50円位までが目安となっています。日本語を英訳するときには1ワードあたり20円から70円位までの料金が目安です。 料金については、分野によって価格には差があります。医学及び薬学系の分野での翻訳は高めの傾向があり、特許明細書の翻訳がより高めの金額設定となっています。